お好み焼きうっちゃんの伝言板


  1. サクラサキオ (you-ray@remus.dti.ne.jp) : 2001年01月24日(水)
    Y.Sさん、Feさん、こんにちは。
    「めぞん命」な私(笑)にも、いつから好きだったのかは、はっきりとはわかりません。
    でもFeさんのおっしゃる、受験のころから、という意見には同感です。
    少なくともこのころには、響子さんにとって五代君は大切な存在になりつつあった、と思います。
    でないと、ばあちゃんから、五代君の受験が失敗したら連れて帰る、と聞かされたとき、
    ただの管理人と住人の関係なら、あんなに動揺しないはずです。
    もちろん、まだはっきりと意識はしていなかったでしょうけどね。
    響子さん自身「忘れちゃった」と言ってるくらいですから、結局真相は永遠の謎かもしれません。
    (以上、あくまでも私の個人的な意見です。)

  2. Fe (uracchi@sky.zero.ad.jp) : 2001年01月25日(木)
    #5451サクラサキオさん
    > ただの管理人と住人の関係なら、あんなに動揺しないはずです。
    > もちろん、まだはっきりと意識はしていなかったでしょうけどね。
    そうなんですよね〜。体は正直に反応しているのに、その行動を認識できないでいるんですよね。8年間かけて心と体の一致を見たわけですが、きっと悩み苦しんだでしょうね。
    それにしても五代君、あなたもよく待ち続けたと思います。凄いです。

    さっき、WEBサンデーを見てきました。リニューアルされていました。NEWSの項目を見ると、キャラクターが『犬夜叉』の、全員サービス企画第2弾が進行中らしいじゃないですか。詳しいことは2月7日発売の少年サンデー10号で発表だそうですから、皆さんも忘れないでチェックしましょう。あと、26日は『My First BIGうる星やつら〜桃の花歌合戦〜』の発売日ですよ。

  3. 大将! (taisyous@hotmail.com) : 2001年01月26日(金)
    はじめまして。大将!でございます♪
    最近になってらんま1/2のアニメのテーマソングを聞いたんですけど凄く良い曲
    ばかりでした。とくに『思い出がいっぱい 』や『ひなげし』の曲が良くて優しい
    感じました。らんまのアニメはそれほど見ていませんが個性のあるキャラがたく
    さんいて明るくて本当に良いですよね♪
    今後も機会があれば是非らんまのアニメを見ていきたいと思っています(^-^)

  4. 桐原原尚之 (k.shinji@d8.dion.ne.jp) : 2001年01月26日(金)
    うふさん。大将さん。
    はじめまして。
    桐原ともうします。
    大将さん。
    思い出がいっぱい、いいきょくですよね。
    わすれ〜ないですよね。

  5. 高岡 俊哉 (takoka-t@mte.biglobe.ne.jp) : 2001年01月26日(金)
    #5453.大将!さん、はじめまして。

    >とくに『思い出がいっぱい 』や『ひなげし』の曲が良くて優しいと
    >感じました。

    私もこの2曲は、「らんま1/2」の女の子性を強く打ち出した曲なので
    かわいくて好きです。

    これからも、よろしくね。

  6. 素人 (?) : 2001年01月27日(土)
    高橋留美子さんは新潟出身だそうですが新潟のどこなんでしょう?
    ちなみに佐渡島の方言は「〜だっちゃ」なんですが・・・

  7. Fe (uracchi@sky.zero.ad.jp) : 2001年01月28日(日)
    #5456素人さん
    高橋先生は新潟県新潟市の出身です。

    ところで、文化放送(その他ネット局はちょっと分かりません)で毎週土曜日21:00〜23:00にON AIRしている『超起動放送アニゲマスター』の、来週2月3日(土)の特集はうる星やつららしいですよ!!それでゲストが古川登志夫さんなんですよ。丁度2月3日は節分。節分にうる星やつらなんて、ぴったりな感じがしますよね。

  8. Fe (uracchi@sky.zero.ad.jp) : 2001年01月28日(日)
    明日は日テレ系が忙しい!!って、訳がわかんないでしょうが、先ずはレギュラー。19:00〜19:30は『犬夜叉』です。そしてそのあと21:00〜21:54は『スーパーテレビ情報最前線』で、平野文さんの出演!!皆様、Check itです!!

  9. りっち (sugippe@f7.dion.ne.jp) : 2001年01月29日(月)
     めぞんが盛り上がってて嬉しいです。
     僕の考えでは特定しなくていいのではと。確かに事件があって気持ちに急激な変化が起こった事は多々ありました。しかしワインを発酵させるように長い時間をかけて、着実にとはいえなくても前進と後退を重ねながら愛をはぐくんでいったところがめぞんの美しさだと思ってます。夜が明けた瞬間はまだ暗く、そうとは気付かないものです。いつからかは分らない、だけど確かに五代さんを愛してる、これでいいのではと(キザ!)
     スカパーのらんまの放送、最終回の後最初からまたやるようです。よかった。
     某FFでシヴァを召喚したら10回に1回くらいバグってお雪が登場!技名は「このままではすまさないわ」または「私怒るわよ」なんてバカバカしい事を考えました。ならラムウならラムが「ダーリンのバカ〜」ラムウとラム?ラムウって前から雷使いのイメージあったっけ?ひょっとしたらラムに近い語感でラムウにした?なんてさらにバカバカしい事を考えてしまいました…

  10. 蜻蛉さん (?) : 2001年01月29日(月)
     独特の間の取り方、シリアスから一気に笑いに落とすタイミング、心の機微を巧みに描く展開など、るーみっくワールドの魅力全てにハマリました。一番愛してるキャラは、りょーが君(ごめんなさい、漢字なんだっけ?良牙?、、、おこらないで。)かなー。あの方向オンチでシャイで面白いところが大大だいーっすき(ハートマーク)です。同じ気持ちの人お返事くださいね。待ってます。  初投稿(?)なのに礼儀も弁えずすいませんでした。  以上:蜻蛉(仮)でした。  あ。因みにe-mailアドレスは学校のしかありませんので、載せれません。さようなら。また4月になって、学校始まったら投稿します。

  11. コウジ (?) : 2001年01月29日(月)
    先日、秋葉でくっさいオタクに混ざってガシャポン月斗してきました。
    はっきりいって今回、当たりはこたつ猫!!
    ハイスクールラムちゃんはどうもハズレっぽい。
    モデルみたいなポーズが嫌!!

    取りあえず組み立てて飾った。背面を見えるように飾ると一番良いかな。
    去り際にこっちを振りかえっているようにも見える。
    村下孝蔵(字あってる?)の歌が聞こえてきそう。(って解んねーって。)

    2月にはメトロン星人も出るんでコタツ猫と一緒に飾ってやろうと思う。

  12. Fe (uracchi@sky.zero.ad.jp) : 2001年01月29日(月)
    #5457でも書き込みしましたが、先程文化放送のHP内の『DREAM POWER』で正式に確認しましたのでお知らせします。

    文化放送(その他ネット局はちょっと分かりません)で毎週土曜日に21:00〜23:00までON AIRしている『超起動放送アニゲマスター』の2月3日の放送は、『神様!仏様!うる星やつら様だっちゃ!』ということで、うる星やつらを徹底特集するそうです!!ゲストはあたる役の古川登志夫さん。ちなみに、パーソナリティーのおたっきぃ佐々木さんにとっても、ラムちゃんは永遠の神であるようです。また、うる星やつらの思い出、うる星やつら知識自慢、おたっきぃ佐々木さんに聴きたいうる星やつらの疑問質問、古川さんへの疑問質問、古川さんに言ってもらいたいセリフなどなどメールでも募集中だそうなので、皆さんもどうでしょうか。

    ※アニゲマスターのページは、『DREAM POWER』の中の『アニゲマスター公式ページ 毎週更新中』をクリックすると出てきます。

    色々書きましたが、念のため一応HPを見て自分で確かめてくださいね。

  13. 桐原原尚之 (k.shinji@d8.dion.ne.jp) : 2001年01月29日(月)
    #5459りっちさん。
    ラムのなまえのげんけいはアグネスラムなんですよ。本当です。

  14. Lum (lum@yb3.so-net.ne.jp) : 2001年01月30日(火)
    皆様、こんにちは。

    先日秋葉は、某所にて『うる星ガシャPON-3』それぞれ複数
    ずつGetしてきました。(カプセル約40ヶは、嵩張るでし^^;)

    #行ったお店は、誰もいなくてゆっくり揃えられました(^^)。
     混んだとこで長くやると邪魔になっていけないでしからね。

    1月29日の『スーパーTV』は、深夜に録画で観ましたけれども、
    いつものゲスト出演とは違って、なかなかにご苦労されていら
    っしゃるよーなトコも映っていて、少々気になりました・・・。
    とにかく今後とも、持ち前の明るさと元気で、頑張って欲しい
    と願わずにはいられませんでした(^^)。<平野さんのお姿観て

    #うちが都内で大きい寿司屋でもやってればな・・・。
     っとそれより昨日の『犬夜叉』早く観なきゃでし^^;。
     <遅い帰宅で、まだ観れてない私・・・。

    それでは、また〜。(サントラ壱の巻情報は、後程^^;)

  15. ろっぢ (roddi@rumic.gr.jp) : 2001年01月30日(火)
    伝言板はお久しぶりです(^^;<今世紀は初かな

    #5464 Lumさん
    >(サントラ壱の巻情報は、後程^^;)

    ということで、犬夜叉サントラ情報(ぉ
    アニメイトのCD発売リストによると、サントラは3月28日に延びましたね (^^;
    リリースが遅れている分、納得の出来る品になってると良いですね。

  16. 高岡 俊哉 (takoka-t@mte.biglobe.ne.jp) : 2001年01月30日(火)
    三浦さん、みなさん、

    18万ヒット到達、おめでとうございます。
    ここほど中身の濃い濃いるーみっく話が、読めるところは、なかなかありませんので、(^_^;;)
    これからも、このページが発展し続けることを望みます。

               では、またね。(^_^)/~

  17. ひなた坂 (yiseda@lycos.ne.jp) : 2001年01月31日(水)
    ども!お久しぶりです。ひなた坂です。
    最近めぞんの話が盛り上がってますね。な〜んか、うれしいです。
    #5459の りっちサンと同様に響子さんはいつから五代を好きになったかは明確にしなくてもいいと思います。
    確かに僕も皆さんと同様、響子さんの「忘れちゃった。」というのを見て、いつからなのかなとか考えもしましたけど、
    やっぱり知らず知らずのうちに五代くんに心ひかれて、いつのまにか好きになってしまっていた、という感じがいいんじゃないでしょうか。(あくまで、僕個人の考えです。)

    ところで、1日おいて犬夜叉を見ました。今回の犬夜叉かっこよかったですねぇ。
    「馬鹿いってんじゃねーよ!!」って、あのどすをきかした声にむちゃくちゃしびれました。
    最近、勝平さんの声がだんだんかっこよくなってきて、ああこれが犬夜叉の声なんだ、乱馬とは違ってきたなと思いました。
    さて、犬夜叉とかごめの気持ちもだんだん動いてきたみたいです。これから2人がどう惹かれていくのか楽しみです。
    おまけに、来週はとうとう桔梗がでてきそうです。犬夜叉の気持ちがどう動くのか、そのときのかごめは?とまだまだこれからって感じですね。
    あと、日高のり子さんの活躍もどう桔梗を演じてくれるのか楽しみです。

    以上、長々とつたない文章を書いてすいません。では、また。

  18. Y.S (mayuri@gaia.dricas.com) : 2001年01月31日(水)
    おお、18万ヒット突破ですね!
    三浦店長さま、おめでとうございます。
    高岡さんがおっしゃられている通り、この伝言板の皆さんの書き込みはとっても濃くていいですね!
    これからも、よろしくお願いします。

    >5446 きゃふーさん、
    >5447 Feさん、
    >5451 サクラサキオさん、
    >5459 りっちさん、
    レスをありがとうございます。
    たしかに、みなさんがおっしゃる通り、いつから響子さんが五代くんのことを好きになったか、ということは、あまり重要じゃない気はしますね。サクラサキオさんのおっしゃった、「永遠の謎」という表現がピッタリですね。
    僕はそもそもラブコメというジャンル自体、あまり好きではありませんでした。男に媚びたヒロインばかり出てくるようなイメージがあって、キャラクターに感情移入できなかったのです。
    しかし、「めぞん」は違いました。ヒロインの響子さんだって、多くのラブコメに見られる、いわゆる「理想のヒロイン像」では決して無く、嫌味に感じられない程度のエゴを持ったキャラですし、キャラクターひとりひとりの心理描写が、本当に細やかで、生き生きとしていますよね。僕はまず、「めぞん」のそういう所に惹かれて、夢中になっていったのです。
    そして、読み進めていくうちに、あまりにキャラに生活感があるために、だんだん「めぞん」の作品世界が本当に存在するかのような錯覚を覚えるようになります。これは、「めぞん」に限った話ではなく、「うる星」や「らんま」にも言えることだと思います。
    しかし、「うる星」「らんま」と「めぞん」との大きな違いは、その終わり方です。きゃふーさんがおっしゃってますように、「うる星」「らんま」が「まだ続く」終わり方なのに対し、「めぞん」は「終わった」終わり方になっていますよね。
    これはあくまで僕の感覚ですが、作品に登場するキャラクターがあたかも生きているかのように思えてくると、なんだかそのキャラたちが作品上から姿を消す(=作品が完結する)ということが、信じられなくなってくるのです。
    しかし当然ながら、物語はいつか必ず完結します。「うる星」も「らんま」も、そして「めぞん」の物語も終わりを迎えました。しかし、「うる星」や「らんま」といった「まだ続く」終わり方の場合、物語は終わっても、キャラクター達が初登場時に作者から与えられたキャラ毎の「立場」、言わば「位置付け」みたいなものは、連載中もあまり変化していないし、最終回後も、変わりはしません。だから、読者は作品終了後も作品世界を自分の想像の中で永遠に活動させ続けることができます。要するに、作品世界を作品上から自分の想像上へと移行させることが比較的容易なのではないかと思うのです。
    しかし「めぞん」のような「終わった」終わり方の場合、一応、作者の手によって物語の進行に終止符が打たれるために、その移行が難しい。キャラクターの位置付けも少なからず変化していますし。それが、僕が「めぞん」を読み終わった時に「うる星」や「らんま」以上に脱力感みたいなものを感じてしまった理由かな、と思います。もちろん、響子さんに異常なまでに入れ込んでいた、というのもあると思いますが(^^;
    これは決して「めぞん」の終わり方が悪いと言っているのではありません。「めぞん」はリアルタイム性を持った「ラブコメ」だった訳ですから、こういう終わり方になったのはある意味必然と言えます。それに、「めぞん」が「うる星」や「らんま」のような「まだ続く」タイプの終わり方だったら、逆に違和感もあったでしょうしね。
    ずいぶん色々書きましたが、結局のところ一番言いたいことは、
    「響子さん好きじゃぁ〜!!」ってことで(^^;

    >5449 うふさん、
    すばらしいお姉さんをお持ちですね(^^)
    僕のまわりには、る〜みっくファンの方があまりいないので、大変うらやましいです。
    僕も、「めぞん一刻」が一番好きな作品です。初めて読んだ高橋作品なので、思い入れが強いというのもありますが、やっぱり管理人さんの魅力が大きいですね。
    それから、僕は18歳です。もうすぐ高校卒業です。年齢や性別に関係なく、話ができるのも、インターネットのいいところですよね。
    これからも、よろしくね。

  19. Lum (lum@yb3.so-net.ne.jp) : 2001年01月31日(水)
    皆様、こんばんは。

    とゆーことで、私からも〜、
    うっちゃん&店長殿、カウンタ180,000Hits超え
    おめでとーございまし〜(^o^)。
    これからも某神社の御神木のよー(もしかしたら
    井戸かもでしが^^;)に、色々なファンの方々の
    最重要地点として、頑張って下さいでし〜。

    それでは、また〜。

  20. りっち (sugippe@f7.dion.ne.jp) : 2001年01月31日(水)
     こずえちゃんについてカキコします。こずえちゃんは五代くんは響子さんが好きだという事を知っていたかどうか。僕はこずえちゃん本人しか、ひょっとしたら高橋先生でもわからないと思ってます。または読者の考えだけ答えがあるというのもありかと。
     知っていたか、知らなかったか。私は五代さんの想い人でなかったという悲しみと、私には真剣に想ってくれる人がいるという喜び、どちらが大きいのか。切り替えに逃げや悲しみ、未来への前進や喜びがどのくらいの比率だったのか。知らなかったとして、誰なんだろうという振り返りと、そんな事はもう関係ないというふっきり、それは天然か強がりか。etc…
     その他数え切れない可能性があり、色々とどうなんだろうと考える楽しさ。そして結局答えが出ないことを嬉しく思う読者としての僕の気持ち。こずえちゃん本人では答えは出たんだろうけど読者にはいい意味で答えを悟らせないあの笑顔。その他上手く活字にしてカキコできない思い。あの切なく美しい「本当のこと」をここまで素晴らしく書いてくれた事に心から感謝したいです。
     めぞんは本当に「終わらせて」終わったことは少し寂しいけど、そうでなくちゃだめだと思います。最終段階でこんなに響子さんと五代くんが仲良くしてていいの?とは思ったけどそれは終了後の心地よい脱力感、敗北感の初期症状…かな?うまくいえません。
     あのコタツ猫いいですね。まぁ知り合いに話したら「コタツがなきゃわからない」と言われましたが(^^;

  21. 高岡 俊哉 (takoka-t@mte.biglobe.ne.jp) : 2001年01月31日(水)

    つい先ほどのようですが、犬夜叉中心ページの「犬夜叉考察 Inu-yasha」が30万ヒットを突破いたしました。

    いろいろありましたが、もーりさん、皆さん、おめでとうございます。

    これからも、「犬夜叉」ファンをリードするページとして、「犬夜叉考察 Inu-Yasha」が
    発展していくことを強く望みます。(^_^)/~

  22. 桐原原尚之 (k.shinji@d8.dion.ne.jp) : 2001年02月01日(木)
    Y・Sさん。
    やっぱり響子さんが五代くんをすきになったのは、のはいつか、むりやりさがすのはやめたほうがいいですね。響子さんが恥ずかしがっちゃいますからね。
    うふさん
    ほんとうにいいお姉さんですね。
    私は時々自分がいやになります。
    「どうして私はもっと早く高橋先生にきずかなかったんだろう」。
    まあ、まだちいさすぎるからしょうがなかったのかもしれませんが。
    当時7歳。
    うふさんの、お姉さんみたいなひとがいれば、うまれたときからるーみっく
    ですもんね。

    コミケすごかったです。犬夜叉のほんが3さつもありました。

  23. 桐原原尚之 (k.shinji@d8.dion.ne.jp) : 2001年02月01日(木)
    わすれてた〜。
    180000HITおめでとうございます。

    犬夜叉グッツは2月になるそうです。
    カードも・・・

  24. Fe (uracchi@sky.zero.ad.jp) : 2001年02月03日(土)
    WEBサンデーをごらんの皆様ならご存知でしょうが、少年サンデーコミックスビジュアルセレクション『犬夜叉』1・2巻が2月17日(土)に2冊同時発売になります。1巻には第1話から第3話まで、2巻には第4話から第6話までを収録し、2月のみ2冊同時発売で、3月以降は毎月1巻ずつ発売していく予定だそうです。なお、定価は880円(税込)のB6版です。

    また、応募者全員サービス第2弾として、まだどこにも売っていない、世界初の犬夜叉カレンダーが登場するそうです。2001年4月1日から2002年3月31日までの1年分に対応し、収録するイラスト(セル画)は、すべてこのカレンダーでしか見られない完全書き下ろし。切手480円分と申し込み用紙を送ってくれた人全員にお届けしてくれるそうです。募集期間が、少年サンデー10号(2月7日発売)〜13号(2月28日発売)のみの限定企画だそうなので、皆さんお見逃しなく。

  25. 佐和 (?) : 2001年02月03日(土)
    はじめまして。  「専務の犬」を読んで、改めて高橋先生の凄さを実感しました。かれこれ十数年のファンやってるけど、高橋作品にはいつも胸をしめつけられます。「めぞん」も大好きです。三鷹さんと五代君の病室でのやりとりって、セリフが凄くお洒落ですよね。「めぞん」の雰囲気とかって、下手に解説しないほうがいいですよね。それぞれの味わい方を大切にしたいです。

  26. 高岡 俊哉 (takoka-t@mte.biglobe.ne.jp) : 2001年02月03日(土)
    #5475 佐和さん、はじめまして。

    >それぞれの味わい方を大切にしたいです。

    そうですね。(^_^)

         これからも、よろしく書き込んでください。

  27. 飛忍 龍華 (cocci27@f5.dion.ne.jp) : 2001年02月03日(土)
    はじめまして★rannmaNLに入っている龍華です。
    乱馬の主題歌などがはいった、CDがビデオショップにありました…。
    なんかちょっと嬉しかったです。

  28. 桐原原尚之 (k.shinji@d8.dion.ne.jp) : 2001年02月03日(土)
    勝手なこと書きますが、そろそろ皆さん自分のことをただのるーみっくファンではなく
    自分はるーみっく専門家ぐらいにおもったほうがいいんでないですか。
    皆さんのるーみっく力は並みじゃないですもん。

  29. Lum (lum@yb3.so-net.ne.jp) : 2001年02月03日(土)
    皆様、こんばんは。

    今日は、節分でしたでしね〜(^^)。
    とゆー訳で、つい先程まで某ラヂオ番組(文化放送)を
    聴いていたんでしが、雑音非道いし自分の設定ミスでMD
    切れちゃうし、ちょっと(かなり)残念でしたでし。
    パーソナリティも豪華なゲストに舞い上がっていらした
    よーでし&やはり時間的に駆け足になってましたでしが
    まだまだ健在な『うる星やつら』の各曲を現在の番組で
    ラヂオで聴けるのも、昔に帰ったみたいで、なかなかに
    嬉しいもんでしたでし〜^^;。

    #今日のラヂオ番組『アニゲマスター』でのうる星特集
     を聴いてでし(^^)。

    それでは、また〜。

  30. 高岡 俊哉 (takoka-t@mte.biglobe.ne.jp) : 2001年02月03日(土)
    #5477 飛忍 龍華さん、はじめまして。

    >乱馬の主題歌などがはいった、CDがビデオショップにありました…。
    >なんかちょっと嬉しかったです。

    そうですね。すでに終わった作品でも、CDショップにその作品のCDが
    あるとなんだか楽しくなりますね。(^_^)
        
        これからも気軽に書き込んでください。

  31. virtual-juno (juno@jf6.so-net.ne.jp) : 2001年02月04日(日)
    はじめまして。
    いつも チャットのほうに顔をだして、るーみっくと全然関係ないことばかりを
    宣っている者です。(ぉ もしかしたら概出かもしれませんが。
    SkyperfecTV! animax(724ch)において2月に「高橋留美子特集」と題して
    「めぞん一刻」「らんま1/2」「うる星やつら」などが 放送されるそうです。
    CS/CATVを見られる環境にある方は チェックしてみては 如何でしょうか。

  32. Fe (uracchi@sky.zero.ad.jp) : 2001年02月04日(日)
    #5480Lumさん
    MDへの録音に失敗しちゃったのですか…。でも、リアルタイムで聴いていらっしゃったのですから、まあそれでいいじゃないですか。本当に濃い内容らしいですねぇ。私はこの時間はバイトだったのでMDに録音しましたが、冒頭だけ聴いてみてもかなり期待が持てました。何だか、古川さん以外にスペシャルゲストが来た様で(私は来るんじゃないかな〜って思っていました)、早く時間を見つけて聴きたいです。

  33. 高岡 俊哉 (takoka-t@mte.biglobe.ne.jp) : 2001年02月04日(日)
    #5481 virtual-junoxxさん、初出でしたら、はじめまして。(^_^;;)

    >SkyperfecTV! animax(724ch)において2月に「高橋留美子特集」と題して
    >「めぞん一刻」「らんま1/2」「うる星やつら」などが 放送されるそうです。

    新しい情報をありがとうございました。

    これからも気軽に書き込んでくださいね。

  34. 高岡 俊哉 (高岡 俊哉) : 2001年02月04日(日)

    本日の、「らんま1/2」中心ページ「良い子の体操第一!」の10万ヒット突破、おめでとうございます。
    原作終了後5年経つ「らんま1/2」がこれだけの人気を
    持ち続けていることは、とっても頼もしいです。(^_^)

     これからも、このページのご繁栄をお祈り申し上げます (^_^)/~

  35. コウジ (?) : 2001年02月04日(日)
    先日、私もアニゲマスター(だっけ?)聴きました。
    自動車に乗っている時以外でラジオ聴いたのは学生の頃以来のことです。
    ちなみに昔は水谷優子のアニメ探偵団とか聞いてた。(^^;)
    何か妙に懐かしすぎ。

  36. コウジ (?) : 2001年02月04日(日)
    前から気になっていましたが、私は「夜叉」というと
    毛むくじゃらで馬鹿でかい猿のイメージを持っています。某格闘漫画の影響大(^^)。
    犬夜叉も爪で引っ掻くし犬というより猫か猿っぽい。
    それが変な気がして納得いかなかった。

    んで、伝奇物が結構好きなんでちょっと検索してみた。(振るえあがれ私の探求心!!BY名取羽美)
    夜叉というのはサンスクリットでヤクシャといい、夜叉はその音写。
    インドの神話に登場する阪神・・・じゃなくて半神半鬼で人間を助け恵みを施す善神の反面、
    害をなし人を食う凶悪な面も持っているということです。(ようわからん2重人格か?)
    けど、これは犬夜叉っぽい!!

    ついでに、釈迦の説法で改心し仏法を守る神になったのが金剛夜叉明王というらしいです。
    犬夜叉はどうなるんですかねぇ。

    ちなみに、余談だけど、弁財天はサンスクリットではス○ティという。
    (プレイしたこともないのに私は昔トレカをコンプした(^^;))

  37. to-hi (?) : 2001年02月05日(月)

    すみませんが、どなたか関西で響子さんのイラストが描かれた「めぞん一刻」の
    白箱の初回限定版DVD-BOXを売っている所をご存じの方はおられないでしょうか?
    特に、神戸や日本橋だと有り難いんですが・・・ よろしくお願いします。

  38. Lum (lum@yb3.so-net.ne.jp) : 2001年02月05日(月)
    皆様、こんにちは。

    いよいよ新春恒例の『高橋留美子劇場 おやじグラフィティ』
    が掲載の『ビッグコミック オリジナル』2月4日号(No.794)
    本日発売でし〜(^^)。

    昨日法事があり出掛けた際に、電車の中吊りがもう掲出していた
    ものでしから帰りに何軒かCVSや書店寄ってもなくって、よくよく
    考えましたらいつも5日発売なのに気がついて、何か損したよーで
    気になって、今朝一番で買ってしまったでしよ・・・^^;。

    #とゆことで感想は、皆様読み終わられた頃にでも・・・。

    それでは、またでし〜。

  39. 佐和 (?) : 2001年02月05日(月)
    こんばんは。今ちょうど「犬夜叉」のアニメを見終わったところです。こんなこと書いていいのか、、、。何故だかどうにもアニメ版[犬夜叉」に入り込めないのです.完成度が高いのは、よくわかっているのですが。微妙に「違うな−。」というか。「らんま」を見ていた時の、あのドキドキわくわくする気持ちが湧いてこないのです。あんまり美々し過ぎるからかもしれません。
    まあ、共感してくれる人なんて居ないだろうし(むしろ怒ってますか?)、何よりもそんな自分に腹が立つというか、悲しいので(いちファンとして)、これからも見続けて何らかの答えを探し出したいと思います。 話は変わりますが、皆さんの情報網と情熱には脱帽です。自分なんて本当に[高橋先生のファンだ。」と人に言っていいんだろうか、、、。(言ってるけど。)とにかく、皆さんからいろいろ吸収していけたらと思います。    ではまた。

  40. 高岡 俊哉 (takoka-t@mte.biglobe.ne.jp) : 2001年02月05日(月)
    うる星やつら ラムちゃん を愛する会(u y l u m の ペ ー ジ)
    の10万ヒットおめでとうございます。
    これからもこのページが繁栄していくことを
    望みます。

    呪泉卿的ページも30万ヒット突破、おめでとうございます。

    「らんま」というみんなの、みんなによる、みんなのための作品を
    この地上から消え去らせてしまってはなりません

    これからも、「らんま1/2」のリーディングページとして、
    このページが繁栄していくことを望みます。

  41. Y.S (mayuri@gaia.dricas.com) : 2001年02月06日(火)
    >5470 りっちさん、
    「本当のこと」、いい話ですよね。
    高橋先生の漫画って、本当に奥が深くて、人によって解釈や楽しみ方が全然違ったりして、そこがまた楽しいんですよね。
    「犬夜叉」についても、ネット上でたくさんの方々がいろいろと語られてますが、みなさん本当に深く作品を読み込まれてますし、「こんな解釈の仕方があったのか」などと、新しい発見をする事もよくあります。(^^)

    >5475/90 佐和さん、
    はじめまして。
    ファン暦が10数年ってだけでもすごいファンだと思います。
    (僕なんかまだ1年ですし(^^;)
    たとえ、1本の短編る〜みっく作品しか読んだことがなくても、その作品のことが本当に好きなら、その人はる〜みっくファンと呼べると思いますし、ファンであっても「この作品のここがキライ」などといった思いを持ってもいいんじゃないでしょうか。
    あくまで僕個人の意見ですが。
    なんか偉そうですいません(^^;

  42. コウジ (?) : 2001年02月06日(火)
    #5489 佐和さん
    本音を言うと、私も全然、面白いとはおもわん。アニメは見るのも辞めてるし、
    原作だって殆ど読んでいない(^^;)。というか読もうという気も起きない。

    改臓読むついでに読むぐらいなのである。同僚に同級生でルーミックファンだった者もいるが、
    私と同じく犬夜叉にはなじめぬようだ。

    まっ、人には向き不向きがあるんで、おっさんの私には向いてないのだろうと思う。そんなもんです。

  43. 通りすがりの者 (?) : 2001年02月06日(火)
    佐和さん、コウジさん、こんばんは。通りすがりの者です。

    僕と同じような人が、他にもいたんですね・・・
    僕は、「めぞん一刻」と「らんま1/2」が大好きで、「めぞん」と「うる星」はDVD-BOXも買っちゃいました。
    もちろん次は、「らんま」のDVD-BOXを狙っています。(1BOX40枚で高いから後回しになっちゃいました)
    でも、「犬夜叉」は何か違うんですよね。「めぞん」や「らんま」は、何十回も原作を読み返したりしましたが
    「犬夜叉」は一通り読んで、また即1巻から読み返そうという気にはならない、熱くならないというか・・・
    多分、僕に合っていないだけのことだとおもいます。昔から、ああいうゴチャゴチャした絵の作品は苦手でしたから・・・
    (犬夜叉の原作を読んだあと、「めぞん」や「らんま」の原作の絵を見ると、なんか落ち着いてgoodです(^_^;))
    でも一応、原作やグッズ、アニメの録画などは怠らずにやってるんですけどね。
    いつハマっちゃうか分かんないし、その時に後悔したくないので・・・

    #という状況なので「逮捕しちゃうぞ」にチョット浮気してしまいました(^_^;)
    #偶然、スカパーの再放送を見て・・・
    #許してくださいね\(__ ) ハンセィ

  44. サクラサキオ (you-ray@remus.dti.ne.jp) : 2001年02月07日(水)
    No.5488Lumさん

    私の住んでいるところでも「おやじグラフィティ」の中吊り広告やっていますよ。
    (ちなみに本誌のほうは金曜日には店頭にならんでいました)

    さてお話のほうですが、いつものことですが良いですね、肩に力が入ってなくて。
    ”おっさん”の読者の方にも満足していただけるのではないでしょうか。
    おしまいのオチには大笑いしました。
    コミックス化されるのは、まだ先になると思うので読み逃し(買い逃し)の
    ないようにね。(^^)

  45. 教えてください (?) : 2001年02月07日(水)
    「1ポンドの福音」は全3巻ですが、終わり方が中途半端な気がします。
    続きとかはないんでしょうか。誰か教えてください。

  46. Y.S (mayuri@gaia.dricas.com) : 2001年02月07日(水)
    >5495 教えてくださいさん、
    「1ポンドの福音」は、まだ完結していません。
    もともと不定期連載の作品でしたが、前回の掲載からは、かなり時間が経っています。
    連載のペースから考えると、4巻が出るのはだいぶ後になりそうです。(^^;

    >5488 Lumさん、
    僕も「おやじグラフィティ」読みました。
    真彦が学校をさぼって盛り場で働いているシーンで、五代くんのことを思い出してしまいました(^^;

  47. サクラサキオ (you-ray@remus.dti.ne.jp) : 2001年02月07日(水)
    「1ポンドの福音」は、確かおととし?にヤングサンデーの創刊何周年記念とかで
    久しぶりに2週続けて連載されたのが最後ですね。
    今のところコミックス化されていないのはこの2話だけなので、このままでは
    コミックス化そのものもあぶないんじゃないでしょうか・・
    せっかくシスターアンジェラの本名とか生い立ちとかが明らかにされたんだから
    何とか続きが描かれることを願っています。

  48. Fe (uracchi@sky.zero.ad.jp) : 2001年02月07日(水)
    私も『おやじグラフティ』読みました。何だか哀愁漂う作品ですね。どこにでもありそうな風景なので、ちょっと怖いかな。

    久しぶりにサンデー買いました。もちろん、犬夜叉カレンダーをゲットするためです。早速明日、応募します。

    サンデーの巻頭カラーページで犬夜叉のトレカの広告があったのですが、『好評発売中』とありました。もう発売になってるんですかね。私はまだ見ていません。

  49. 桐原原尚之 (k.shinji@d8.dion.ne.jp) : 2001年02月08日(木)
    ひさしぶりです。
    なんかむかつくなあ。犬夜叉のわるくちがかかれてるようで・・・そんなことかくくらい
    ならこのページにくるなよな。

    まあいいや。

    店長コメント: 伝言板への書込みをコントロールするような 発言は止めてください(しかも「まあいいや」ときたもんだ)。

    せんでんです。
    ペンダント
    ノート
    シャーペン
    お守り
    ストラップ
    封筒2種類
    が2月のおわりごろうられます。

  50. 高岡 俊哉 (takoka-t@mte.biglobe.ne.jp) : 2001年02月08日(木)

    「おやじグラフィティ」を読んだ感想

    親子に限らず、自分の意見をおしつけず、相手の意見を聞くということは、
    大切なことですね。


    前のも見る
    次のも見る
    留美子ページへ