お好み焼きうっちゃんの伝言板

  1. 高岡 俊哉 (takoka-t@mte.biglobe.ne.jp) : 2003年09月01日(月)

    「趣都の誕生 萌える都市アキハバラ」にも載っていることですが、
    秋葉原駅の床の広告、あんなに人に踏まれるところに自分の好きな
    キャラの絵を置くということ自体が信じられないですね。
    るーみっくキャラが床広告になる、ということだったら
    私はすぐに反対しますよ!!
    皆様はいかがお考えでしょうか?

  2. 刻☆乱犬 (t-ochi23@k6,dion,ne,jp) : 2003年09月01日(月)
    #6351 高岡 俊哉さん
    レスありがとうございます。こちらこそよろしくお願いします。

    秋葉原の床の広告について
    そうですか。私は今年の2月まで東京にいてしょっちゅう秋葉に通ってましたけどその様なことになっているのですか。知らなかったです。
    私もるーみっくキャラが床広告になる、とか発表があったら真っ先に反対ののろしを上げますね。昔から日本では江戸時代から踏み絵と言うものがあって、自分にとって崇拝しているものを足蹴にするというのは信仰心からしても許しがたいというのがあるのと同じような論理です。
    即刻、「床の広告」反対運動起こした挙句、その夢が叶った時にはその場に集ったるーみっくファン達でまさに、るーみっく万歳!三唱ですね。(笑)

  3. 高岡 俊哉 (takoka-t@mte.biglobe.ne.jp) : 2003年09月04日(木)

    今日所用で秋葉原に行きました。
    秋葉原駅の電気街口の床の広告は、見当たりませんでした。
    秋葉原駅全体が常磐新線開通に向けて全面改造工事中ですので、
    完成後の広告がどうなるか、見届けたいですね。

  4. 桐原原尚之 (k.shinji@d8.dion.ne.jp) : 2003年09月04日(木)
    お久しぶりです。皆様御元気そうで名によりです

    #6351 高岡俊哉さん
    床広告にるーみっくキャラクターが使われたら、
    私なら泣くか怒るかどっちかでしょうね。(当たり前か)
    とにかく、床広告にするのは何が何でも反対です。
    るーみっく以外でも反対ですね。
    床広告になると言うことは、メジャーなキャラクターと
    言ってもおかしくはないはず・・・
    メジャーな漫画には、多数のファンがいるはず・・・
    なら、そのファンの人たちもきっと嫌なはずです。
    小数の人の道楽のために、多数をぎせいにしないで
    ほしいものです。


    #6345 刻☆乱犬さん
    久しぶりですねぇ。何年ぶりでしょうか。
    とりあえず、このページでは私と会うのは初めてですね。
    これからも、よろしくお願いします。
    受験生なのであまり多くここには来られないけども
    たま〜に来るので、その時にいろいろお話しできれば嬉しいなぁ。

  5. 刻☆乱犬 (t-ochi23@k6,dion,ne,jp) : 2003年09月06日(土)
    #6354 桐原原尚之さん
    お久しぶりです。どうもご無沙汰しています。
    先日(と言っても半年ぐらい前の話ですけど)他のHPで久方ぶりの再会をしましたけど、の前となりますと、おそらく3年以上前まで遡るかと思います。(笑)
    受験生ですか、大変ですね。勉強の方頑張って下さい。
    私のほうはおかげ様で元気にやっています。
    こちらこそ、これからもよろしくお願いします。
    (今回るーみっくネタがひとつも出て無くてすみません)

  6. サクラサキオ (?) : 2003年09月07日(日)
    アニメ高橋留美子劇場の感想です。
    今回のも含め、あと4回になりました。
    でもその後の番組が、今度は人魚の森ということなので、
    お楽しみはまだまだ続く、って感じですかね。
    (見れない地方の方をまたまた残念がらせて申し訳ないです。)
    でもこれって人魚シリーズを一気に全部アニメ化するってこと
    なんでしょうか?

    今回の「ポイの家」の感想ですけど、コミカルな味が出ていて
    なかなか良かったように思います。
    「お礼にかえて」も、こういう感じだったら良かったのに・・
    「君がいるだけで」のアッチャラーさんがゲスト出演してたり
    して、けっこう遊び心もありましたね。

  7. 高岡 俊哉 (takoka-t@mte.biglobe.ne.jp) : 2003年09月11日(木)

    TVアニメ 高橋留美子劇場 第10話 「ポイの家」感想

    アイキャッチャーまで、今回用に特別に作ってもらえるとは思いませんでしたから
    感動いたしました。
    アッチャラーさん特別出演も嬉しいです。
    主人公の主婦がオリジナルのデザインのキャラクターだったことにも
    感動いたしました。
    詳細はわかりませんが、「人魚シリーズ」の放映も期待できます。

    次回は、「日帰りの夢」
    なかなか納得できるつくりになっていますので、よろしくお楽しみください。
    では、またね。

  8. 高岡 俊哉 (takoka-t@mte.biglobe.ne.jp) : 2003年09月12日(金)

    人魚シリーズのTVアニメ放映のページがWEBSUNDAYにできています。
    色々なメディアがここまで、色々なるーみっく作品を
    サポートしてくれるのは嬉しい限りです。
    アニメの出来にも大いに期待できますね。楽しみです。

  9. サクラサキオ (?) : 2003年09月13日(土)
    その人魚シリーズのアニメだけど、なかなか興味深いラインアップですね。
    人魚の傷がなかったり、まだコミックス化されていない幻の作品?最後の顔が
    あったりとか。
    これを機会に未収録の作品もコミックスになると良いのですが、っていうより
    人魚シリーズそのものの続編(新作)を期待したいです。

  10. 三浦%店長 (miura@rumic.gr.jp) : 2003年09月13日(土)
    萌えよ剣のOVAちゃんと作ってたんですね(^^;;

  11. サクラサキオ (?) : 2003年09月14日(日)
    人魚シリーズのアニメ化ですが、今放送中のシリーズのような
    「原作を忠実に再現する」という手法はちょっと無理な気がします。
    いくら深夜枠とは言っても、それなりに抑制された表現に「自主規制」
    するのではないかと思います。(あまり好きな言葉じゃありませんが)
    どう料理するか、というのも見所かも?
    ところで人魚の傷を外した理由って、やっぱり「子供」が主人公だから
    なんでしょうか。

    アニメ高橋留美子劇場「日帰りの夢」の感想です。
    今回は声優陣のキャスティングの勝利、ってとこでしょうか。
    主人公の東雲氏の独白を中心にストーリーが展開する作品なので、
    なおさらそれを感じました。

  12. 高岡 俊哉 (takoka-t@mte.biglobe.ne.jp) : 2003年09月14日(日)

    TVアニメ 高橋留美子劇場 第11話 「日帰りの夢」感想

    原作を読んだときも思ったのですが、「日帰り」になった理由と、
    少年時代転校生だったという設定の、組み合わせの意外さに
    目を見張りました。
    この設定が効いているので、この作品が重い深い物になっているのだと考えます。

    次回は、「Lサイズの幸福」。
    あの座敷わらしには、どんな発言がありましたっけ??

    「人魚シリーズ」も引き続き感想を書くこととします。
    これも本当に楽しみです。

  13. サクラサキオ (?) : 2003年09月14日(日)
    アニメ「日帰りの夢」の補足(蛇足)です。
    クラス会のあった町は何となく新潟をイメージしているみたいですね。
    上越新幹線を使ってるし、大きな川と橋の風景がそれっぽい感じがしたので。

  14. あつみ (?) : 2003年09月14日(日)
    お久しぶりです(^^ゞ
    最近なかなかカキコができなくて…皆さんのカキコを見てばっかりでした(汗)
    『日帰りの夢』は私の地方では水曜日に放送されます。
    原作を読んだ事がないのでかなり期待しています。

    #6358 高岡 俊哉さん
    に…人魚シリーズがアニメ化ですかぁ(>_<)
    嬉しいです〜(^o^)丿
    声優さんとかやっぱりOVAと同じ方がいいなぁ…と思っちゃったりしてます。

    #6359,#6361 サクラサキオさん
    『人魚の傷』を外した理由…私もそう思いました。
    やっぱり"子供"というところが関連しているからなのかもしれませんねー。(~_~)
    私も早く未収録の作品がコミックスになってくれることを期待します。
    最後の顔…原作を読んだことがないのでとても気になります。。。

    ≫人魚シリーズのアニメ化ですが、今放送中のシリーズのような「原作を忠実に再現する」という手法はちょっと無理な気がします。…

    犬夜叉と同じような理由って事でしょうねー。分かります(^_^;)

  15. 高岡 俊哉 (takoka-t@mte.biglobe.ne.jp) : 2003年09月15日(月)

    本日発売の「FANROAD」10月号の最終ページの予告によりますと、
    11月15日発売予定の12月号において、「犬夜叉」のシュミの特集
    を行う予定だそうです。
    映画第3作公開記念です。
    るーみっく特集は久しぶりなので、楽しみです。
    投稿予定の皆様の作品に、期待しています。

  16. 高岡 俊哉 (takoka-t@mte.biglobe.ne.jp) : 2003年09月15日(月)

    18年ぶりの阪神タイガース優勝おめでとうございます。

    日本シリーズでの○監督(伏字になってない)(^_^)との対戦がとても楽しみです。

    今晩は徹夜する人も多いでしょうが、私は冷静に寝させていただきます。(^_^;)ゞ
    くれぐれも、川に飛び込まないようにしてください。

    明日のデイリースポーツ関西版に載るはずの
    のラムちゃんのイラストが楽しみですね。永久保存版ですよ!!
    (載らなかったらどうしよう。)
    関東版にも載せてくれ!!!
    日本シリーズもイラストよろしく御願いします。留美子先生!!!!!

  17. 高岡 俊哉 (takoka-t@mte.biglobe.ne.jp) : 2003年09月16日(火)

    犬夜叉オンリー同人誌即売会DOG☆RUNまであと一週間となりました。
    予定を超える参加希望サークルがあったようでよかったです。
    「犬夜叉」そのものも展開が微妙なところへさしかかってきていますが、
    当日を楽しく過ごしたいですね。

  18. サクラサキオ (?) : 2003年09月21日(日)
    このシリーズもあと1回になったけど。
    アニメ高橋留美子劇場「Lサイズの幸福」の感想です。
    コミカルな感じの演出でなかなか良かったように思います。
    家の値段が原作の半分、っていうのはご愛敬でした。
    原作はバブル真っ盛りのころの作品ですからね。(^^)

  19. 高岡 俊哉 (takoka-t@mte.biglobe.ne.jp) : 2003年09月21日(日)

    TVアニメ 高橋留美子劇場 第12話 「Lサイズの幸福」感想

    座敷童子の声が、大小サイズを問わず、ずいぶん高くて可愛い声だったのに
    驚きました。
    座敷童子のにくったらしさとかわいさが
    よく出ていました。

    次回は「専務の犬」
    愛人の声と演技が見ものですね。

  20. 高岡 俊哉 (takoka-t@mte.biglobe.ne.jp) : 2003年09月22日(月)


    犬夜叉オンリー同人誌即売会DOG☆RUN
    は、いよいよ明日となりました。
    首都圏はまずまずのお天気です。
    「犬夜叉」人気を楽しみに、行って来ます。

  21. 高岡 俊哉 (takoka-t@mte.biglobe.ne.jp) : 2003年09月24日(水)

    同人誌即売会「DOG☆RUN」に昨日行ってまいりました。
    参加者のほとんど全員が女の子だったので驚きました。
    これが本当に少年雑誌連載中の漫画なのだろうか。
    かわいい犬夜叉一行タオルを買いました。

  22. 高岡 俊哉 (takoka-t@mte.biglobe.ne.jp) : 2003年09月25日(木)

    三浦さん、皆さん、
    昨日で「お好み焼きうっちゃんの伝言板」が7周年を迎えました。
    おめでとうございます。
    日本語るーみっくページのパイオニアのこのページが元になり、
    いまやたくさんのるーみっくページが繁栄を続けています。

    これからも、よろしく御願いいたします。

  23. 高岡 俊哉 (takoka-t@mte.biglobe.ne.jp) : 2003年09月25日(木)

    「犬夜叉」ページの珊瑚防衛隊司令部
    が100万ヒットを突破しました。
    真におめでとうございます。
    これからもよろしく御願いいたしますね。

  24. サクラサキオ (?) : 2003年09月28日(日)
    いよいよラスト、アニメ高橋留美子劇場「専務の犬」の感想です。
    トリにピッタリ、の出来だったと思います、平野文さんも登場したし。
    (と言っても、ラムとはイメージ全然違いますけど。)

    さてシリーズも完結したので、全体の感想です。
    これ以上出来ない、っていうくらいに徹底的に原作尊重の作りで、
    コアなるーみっくファンの人にも納得できるんじゃないか、って思います。
    テレビ東京系列でもなく深夜枠でもなく、もっとメジャーな放送局で
    良い時間帯の放送だったら、もっと話題になったのでは、って思うと
    ちょっと残念だったかも。
    「迷走家族F」「おやじローティーン」そして「専務の犬」がアニメ版の
    マイベスト3です。
    ちなみに原作の方だと「お礼にかえて」「専務の犬」「迷走家族F」
    なんですけどね。
    早くビデオ、DVD化されて未放送の地区の人にも見れますように。

  25. 高岡 俊哉 (takoka-t@mte.biglobe.ne.jp) : 2003年09月28日(日)

    TVアニメ 高橋留美子劇場 第13話 「専務の犬」感想

    洋服の取りかえっこの場面が一番印象に残りました。
    ふたりともきれいだー!!
    またこの場面が最後のどんでん返しの解決に結びついていくところが
    見事でした。

    来週からいよいよ人魚シリーズ。
    予告CMも見ましたが、OPとEDも含めて、出来上がりが大変に楽しみです。
    来週の放送が待ち遠しい!!

  26. KEN (ken@rumic.gr.jp) : 2003年10月01日(水)
    えら〜く久々の書き込みのような・・・(笑)

    高橋留美子劇場のDVD-BOXが12月17日に発売されるようです。
    http://www.rakuten.co.jp/e-digi/180167/256965/256970/257140/
    特典として、単行本未収録の「日帰りの夢」の特製コミックスがつくそうです。
    また、未公開の第一話の予告編も入ってるそうです。
    価格は23,200円と安くはないですが、私は予約します(笑)

  27. 三浦%店長 (miura@rumic.gr.jp) : 2003年10月03日(金)
    人魚の森のページができてますね。

    Re: 6376
    「日帰りの夢」の特製コミックス…小学館もあこぎな商売を(笑)
    そういえば今度発売になる新装版の人魚には未収録だった話も収録されるとか聞きましたがどうなんでしょう?

  28. 高岡 俊哉 (takoka-t@mte.biglobe.ne.jp) : 2003年10月05日(日)

    TVアニメ 人魚の森シリーズ 第一話 「人魚は眠らない」感想

    OPもEDも動きのある絵と音楽で楽しいものでした。
    「高橋留美子劇場」をふくめて、このOP、ED、BGMを
    サウンドトラックにまとめて欲しいと思っています。

    ストーリーですが、あの複雑な内容をうまく30分にまとめています。
    声優のうまさは言うまでも無し!!
    絵も、今までのるーみっくアニメとは違って厳しい感じではありますが、
    このストーリーそのものが厳しいのだから、しようがありません。
    いい絵です。

    「人魚の傷」は少年犯罪が相次ぐ今だからこそ、幼年の男の子が
    人を殺すのが放映できなかったのだと考えます。

    次回の「闘魚の里」も、その後の話も、人魚の森シリーズの
    魅力爆発で、大いに楽しみです。

    サウンドトラックの発売を大いに、期待しています。

  29. 高岡 俊哉 (takoka-t@mte.biglobe.ne.jp) : 2003年10月16日(木)
    TVアニメ 人魚の森シリーズ 第2話 「闘魚の里(前編)」感想

    きつめの絵で、淡々とストーリーが進んでいきます。
    セリフも、まるでナレーションのように淡々と
    進んでいきます。

    早くOPに出てくる色々なキャラクターにあいたくなりました。
    来週も楽しみです。
    来週は、放送時間に変更があり、深夜午前1:15〜1:45
    となりますので、ご注意ください。
    私も注意します。

  30. 高岡 俊哉 (takoka-t@mte.biglobe.ne.jp) : 2003年10月17日(金)

    #6379の時間変更は、東京TVのものです。
    他TV局の時間は各自ご確認ください。

  31. 高岡 俊哉 (takoka-t@mte.biglobe.ne.jp) : 2003年10月19日(日)

    TVアニメ 人魚シリーズ 第3話 「闘魚の里(後編)」感想

    海賊の女房は取り逃がした!!!
    後でまた出てくるかも。

    鱗とここでわかれなければならず、真魚とはこれからも
    一緒でいなければならない。

    次回「人魚の森(前編)」も楽しみです。

  32. 高岡 俊哉 (takoka-t@mte.biglobe.ne.jp) : 2003年10月23日(木)

    上にもありますとおり、
    るーみっく同人誌即売会「豪華犬乱!3」
    まで、後一ヶ月となりました。
    毎年嬉しいことです。
    私は今年は行けそうにありませんが、皆さんは楽しんできてくださいね。

  33. サクラサキオ (?) : 2003年10月23日(木)
    #6377三浦%店長さん

    どうやら新装版には未収録だった2話も収録されるみたいですね。
    これでいままである意味で”幻の作品”だった2作が読めるように
    なるのはありがたい・・・のですが、反対に人魚シリーズはやっぱり
    これで打ち止めなのかな、って思えてしまって何か複雑な思いです。

  34. 刻☆乱犬 (t-ochi23@k6,dion,ne,jp) : 2003年10月25日(土)
    どうも、ご無沙汰しています。

    私も遅ればせながらたった今ようやく高橋留美子劇場DVDBOXの予約注文を済ませてきました。単行本未収録の「日帰りの夢」の特製コミックスがついてくる上に私の住んでいる地域は留美子劇場が映らない地域で見ることが出来なかったので、商品が届きましたらこちらに書かれてらっしゃる皆さんの意見・感想を参考にさせていただいた上で見ようと思います。

    良い出来栄えだったらいいな〜。(期待

  35. 高岡 俊哉 (takoka-t@mte.biglobe.ne.jp) : 2003年10月25日(土)

    ビッグコミック「可愛い花」感想

    う〜ん、いまひとつぴんとこない花し、いや、話だなあ。
    結局もてない男がもてるためにフェロモン花を開発して使ってみました、
    ということなんでしょ???
    途中まではもストーカースリラー物として楽しめましたが。

  36. 高岡 俊哉 (takoka-t@mte.biglobe.ne.jp) : 2003年10月26日(日)

    TVアニメ 人魚シリーズ 第4話 「人魚の森(前編)」感想

    うーむ、「萌えよ剣」のCMまでやるようになるとは・・・

    今回は人魚塚を守る一族と、湧太・真魚との対決。
    この一族は色々な人魚グッズを持っているからあなどれない。
    緊張感あふれる一編で楽しめました。

  37. 高岡 俊哉 (takoka-t@mte.biglobe.ne.jp) : 2003年10月29日(水)

    TVアニメ「犬夜叉」サウンドトラック「音楽編 参」感想

    とにかく7人隊のテーマが圧巻でした。
    そのほかには、早くも入ってきた白童子のテーマが
    印象的でした。
    12/3発売の「高橋留美子劇場」、12/17発売の
    「犬夜叉映画3」のサウンドトラックも今から楽しみです。

  38. 二階堂静紗 (sohsya@mbm.nifty.com) : 2003年10月30日(木)
    10月27日TVで放映された「犬夜叉」吠えろ七宝奥義心の傷の中の場面で、七宝が犬夜叉の鉄砕牙をつかんで振り回す事が出来たのはなぜですか?
    妖怪は鉄砕牙に触れる事すら出来ないのでは?
    わかりません。教えて下さい。

  39. ふみいぬ団の回し者 (fumi_dan@yahoo.co.jp) : 2003年10月31日(金)
    2003/11/23に行われるイベント、
    「豪華犬乱3」に参加予定のふみいぬ団といいます。
    犬夜叉、らんま、うる星の、
    ちょっと変わった、陶器なグッズを出品予定です。
    よろしかったらサイトを見に来て下さいです。
    http://lum.rumic.gr.jp/dan/index.html

  40. 高岡 俊哉 (takoka-t@mte.biglobe.ne.jp) : 2003年11月01日(土)

    #6389.ふみいぬ団の皆様

    なかなか面白いことをやりますね。
    当日にウケるといいですね。

  41. サクラサキオ (?) : 2003年11月02日(日)
    #6388二階堂静紗さん

    ほんと、どうなっているんでしょうね?
    制作した、よみうりテレビに質問しなくちゃ(笑)。
    こういった基本的設定を無視されるのも困ったものですけど、
    それだったらいっそのこと、テレビアニメ版は”外伝”って
    ことにして、たとえばかごめと犬夜叉だけじゃなく、犬夜叉
    一行は自由に骨食いの井戸を行き来できる、とかいう設定に
    してしまえば、アニメオリジナルのストーリー的には幅が
    広がるかも。
    で、ここからが一番望むところなんですけど、高橋留美子劇場
    みたいに深夜枠でもいいから、「犬夜叉原典版」アニメを別に
    作ってもらえたら・・・とか思ったりします。

  42. 高岡 俊哉 (takoka-t@mte.biglobe.ne.jp) : 2003年11月02日(日)

    TVアニメ 人魚シリーズ 第5話 「人魚の森(後編)」感想

    湧太の戦闘シーンは迫力がありました。
    そのほか、姉妹の争いの描写にも、すごみと迫力がありました。
    結局人魚は、不幸の元になっても、誰の幸せのためにもならないのですね。
    最後の「ずっと探す」のシーンをエンディングの後にしているのも良かったです。
    こういう柔軟な番組編成が出来るのはいいことです。

  43. サクラサキオ (?) : 2003年11月02日(日)
    今「人魚の森」(アニメの方)を見ていて気づいたんですけど、
    原作では真魚の胸が見えるカットが、さりげなく掛け布団で隠されていました。
    教育的配慮でしょうか(笑)。

  44. 高岡 俊哉 (takoka-t@mte.biglobe.ne.jp) : 2003年11月08日(土)

    今日「犬夜叉」映画の前売り券と、2004年「犬夜叉」カレンダーを買ってまいりました。

    カレンダーのうち、3・4月の犬夜叉とかごめが桜の木の枝に
    座っている絵がほほえましいです。
    また、9・10月の、紅葉の下の湖で犬夜叉と桔梗が
    微妙な距離を保ってそれぞれ船首と船尾に座っている絵も
    意味深長で注目です。

    5・6月の絵は、今度の映画のような、犬夜叉×殺生丸対決の図です。
    りりしいです。

    一家に一つ「犬夜叉」カレンダーはいかがでしょうか?(^_^)ゞ

  45. 高岡 俊哉 (takoka-t@mte.biglobe.ne.jp) : 2003年11月09日(日)

    TVアニメ 人魚シリーズ 第6話 「夢の終わり」感想

    人間の意識が時々戻る「なりそこない」。
    人間界にも戻れず、妖怪になりきることも出来ない。
    せっかく真魚という理解者に出会ったのに・・・・
    結局なりそこないに戻ってしますため、一緒に旅を
    続けることも出来ない・・・・・・・・

    このなり損ないの悲しい状況がわびしく、よく表現されていました。
    心に残る名作ですね。

    次回は、「舎利姫」。
    今回に負けす劣らずの名作になることでしょう。

  46. ruusa (?) : 2003年11月10日(月)
    もう知っている方もいらっしゃると思いますが、今、めぞん一刻が千葉テレビで再放送中です。水曜の17:30より!映る人はぜひ見るべし!はじめて見るめぞんアニメ版で、すごく嬉しいです^_^

  47. 高岡 俊哉 (takoka-t@mte.biglobe.ne.jp) : 2003年11月12日(水)

    鋼牙は、なぜ使わない刀を持っているのか??

    これにつきまして、私の意見を述べます。

    一般に中世には、現在のような警察などの治安を安定して守る仕組みが
    ありませんから、洋の東西を問わす、武器(後には銃を含む)の携行と
    私闘(決闘)の自由が認められていました。

    たとえ、他の武術に優れている者であったとしても、武器携帯を相手に示すことは、
    当時の治安維持策として、社会的に認められていたのです。

    (これが現在まで生き残っているのがアメリカ合衆国の銃携行
    を認める制度だと考えられます。
    16世紀以降、中世の制度のままでアメリカに渡った移民が、
    開拓時代の、十分とはいえない治安維持制度という特殊な環境の中で、
    私的な武器の所持が認められたまま結局、現在まできています。
    歴史的背景がありますので、治安は、警察などの治安維持組織に
    任せたほうがいいと頭ではわかっていても、なかなか、この「中世の心」
    までは 変えられないものですね。)

  48. 刻☆乱犬 (t-ochi23@k6,dion,ne,jp) : 2003年11月16日(日)
    どうも、ご無沙汰しています。

    久しぶりにこちらに来させていただいたので、ひとつテーマに沿った話題を投げかけていくことに致します。また、意見等ありましたら、お聞かせ下さい。

    少年サンデーを読まれていない方にはネタバレになってしまうかもしれませんが、琥珀は過去の忌まわしい記憶を取り戻して現在動いています。
    私の意見としては彼はるーみっくではともかく、少なくとも犬夜叉の主要登場人物の中では最も現時点において可哀想なキャラとして同情するところが多いのですけど皆さんの意見はいかがでしょう?
    ちなみに、そう思う私の理由について述べさせておいて頂きますと、彼はもともと、退治屋の里で家族や里の者たちと幸せな日々を過ごしていました。しかし、その幸せも長くは続かず、人見家の妖怪退治に借り出された時、彼は操られて親や里の者を殺してしまった挙句、最後に記憶を取り戻し失意の中、自らも弓矢で射抜かれ命を落としてしまいました。それを奈落によって蘇らされ再び姉である珊瑚の目の前に姿を現したときにはその時の記憶も残って無くただ操られて村人や城の者を殺して既にその手は血に染まってしまっていました。そして、今現在、記憶を取り戻した彼が犬夜叉達一行にも気付かれずに密かに成し遂げようとしていることは、たとえ刺し違えても奈落を倒すことです。それが決して自分の過去の過ちを清算しきれるものではないと承知していながら、それを果たすことでせめてもの罪滅ぼしになるということを唯一信じて。

    本来なら、同世代でいえば、かごめの弟である草太と同じ様に楽しく平和に過ごすことができたはずなのに、それが歯車が狂ったせいでこんなにも違うのかということでかなり可哀想に思えます。更に、桔梗の様に真っ向から奈落に対峙できる霊力を備えているわけでも無し、命も奈落に握られていて本当ならすぐにでも記憶が戻ったことを犬夜叉一行に告白して一緒に奈落を迎撃したいのにそれも叶わず、奈落の言うことに黙って従いながら虎視眈々と隙を見せるのを伺うだけしかできなくてもがいている、まだ年端もいかないのに現実を見据えて冷静に状況を判断して頑張っている彼を見てせめて結末だけでも幸せにしてあげてほしいと本当に心から高橋先生に願うばかりです。

    ファイト!琥珀!

  49. 高岡 俊哉 (takoka-t@mte.biglobe.ne.jp) : 2003年11月16日(日)

    るーみっく同人誌即売会イベント豪華犬乱!3
    まで、あと一週間となりました。
    スタッフの皆様方には、毎度毎度まことにありがとうございます。

    当日は、さぞかしぺコポンのコスプレがあふれることでしょう。(^○^)
    大いに楽しみです。

  50. 高岡 俊哉 (takoka-t@mte.biglobe.ne.jp) : 2003年11月16日(日)

    TVアニメ 人魚シリーズ 第7話 「舎利姫」感想

    やっと仲間を見つけられたと思った1600年ごろの湧太となつめ。
    しかし、いったん本当に死んで骨に還ったなつめは、人魚の生き胆を
    抜かれて、湧太とはお互いに永遠の別れになってしまった。
    周りの大人たちの勝手な思惑の犠牲になって・・・・
    本当な哀れでむなしい幕切れでした。

    今回真魚の着ていた「Milk」のマークの体操服はどこで手に入れたのでしょうか?
    ちょうどそのロゴが真魚の胸のところにあったのが、ほほえましかったですね。


前のも見る
次のも見る
留美子ページへ