お好み焼きうっちゃんの伝言板


  1. にゃーご軍団 (?) : 1997年05月28日(水)
    #631 山本真朗さん、平井和正の小説のイラストっていいですよね。なんか違ったるーみっくわーるどを見ることができて。ちなみに私は、平井和正の小説を個人売買で1冊2000円で手に入れました。しかし、そのあとすぐに「BOOK OFF」(全国チェーン?)という古本屋で100円で売っているのを見つけてがっくりしました。みなさんそういう経験ないですか?

  2. 三浦健仁 (miura@naklab.dnj.ynu.ac.jp) : 1997年05月28日(水)
    #650令菜さん、時間がかかったのはページの量が多かったからではないでしょうか。 ログの整理が遅れた私の責任です(^_^;もしくは回線がおそかったか。 マシンの責任ってことはないと思いますよ。
    えー、めぞんの原作は読んだ方がいいですよ。
    #って私も全巻まだ揃えてないや(^_^;;
    物語が違うというより、アニメは原作の短縮って感じなので>だよね識者の方
    絵がキツイ感じのセクシータイプ…(^_^;; まあ、高橋先生初期の絵柄なので仕方がないといえばないのですが、中盤から 見なれた絵になっていくので気にしないでもよろしいかと。
    #サクラの髪の変化とほぼ同じかな

  3. タケシ (delorean@ja2.so-net.or.jp) : 1997年05月28日(水)
    僕、めぞんのテレビ版見たこと無いので中間試験が終わったらレンタルビデオ屋へいこうと思っていて、
    今日やっと中間試験が終わったのでビデオ屋に行ったらどこにもおいてないぼくが住んでいる町の
    ビデオ屋全部探してやっと一件あったけれど1ぽん目が壊れててない。かなし〜(T-T)
    横浜その周辺でおいてるレンタルビデオ屋だれかご存じありませんか?

  4. タケシ (delorean@ja2.so-net.or.jp) : 1997年05月28日(水)
    メイキングオブうる星やつら4のビデオ持ってます。ナレーションは古川登志夫さんです。
    映画の予告編とアニメーションの作り方などです。

  5. ひろ (?) : 1997年05月28日(水)
    #640 YASUさん、なるほどてっきり単行本の第一巻にあたるものが早くも出版されたのかと思ったのですが、第一話のみなんですね。そりゃ早いはずですね。どの分野でもそうですが、マニアになればなるほどオリジナルを絶対視しますからね。特にアニメは、音楽はもちろんですが、「声優」の存在が大きいです。吹替え版の声優(とはいえない?)の演技には我慢できないみたいですから。rec.arts.anime.* を眺めていれば分かりますが、「subbed vs. dubbed」とか「Which is better, subbed or dubbed?」みたいなスレッド(かつフレーム)がしょっちゅうできてます。
    アメリカの場合、アニメをそのままの形で放映や販売するのはまれです。改変・捏造・合作などを駆使して全然別の作品になっている場合だってあります。アメリカでアニメが商業的に成功しはじめたのもエロ・グロ・暴力を押し出したからです。最近は変わりつつあるようですが…。研究材料にしようとお考えなら、そのアニメがどういう形で紹介されているのかということは留意すべき点だと思います。
    まあ、高橋作品の限りにおいてはかなり真面目に扱われているようですが。Viz が『めぞん』を扱う前に、非合法(?)にビデオを出しているところがあって、アニメでは推測程度にとどめられた例のシーンが、新たに書き下ろされ原作以上のものになる、という噂が最終巻近くで出たらしいです。

  6. ひろ (?) : 1997年05月28日(水)
    #638 時計坂2−6−5さん、めぞんにハマった人は、アニメに関して多かれ少なかれ同じ感想を持ったと思いますよ。ただ、当時リアルタイムに見ていた人と私のようにハマってから数ヶ月の者とでは差があるかもしれませんね。アニメ前半が放映されている時期は原作がまだ連載されていましたからね。草野球のエピソードは原作の中でも少し浮いているような気がします。単発ものの中で一番好きなのは『一刻館の昼と夜』ですね。アニメの方も某テニスアニメのパロディがあったりして面白かったのですが、三鷹を出したことが解せません。原作のサブタイトルの意味を尊重せんかい、と言いたくなります。あくまで一刻館という閉じた空間での話でないと味が消えてしまう。まあ、アニメでは単なる仮装大会らしいんだけど。
    作画はおっしゃるとおり中島敦子さんが一番よかったように思います。最終話を彼女に描かせたところからすると、作ってる側も同様に思ってたんじゃないかな(^^;)

  7. ろっぢ (roddi@ja2.so-net.or.jp) : 1997年05月28日(水)
    つい、今さっき(19:30)、テレビ東京の「いい旅・夢気分」を見てたら、な、なんとおもいっきり聞き覚えのある曲が流れてくるではありませんか。
    「こ、これはうる星のTVM-37の曲ぢゃないか。」
    丁度めし時だったので、#582 のこたちゃんさんぢゃないけど、ミソ汁吹き出しそうになっちゃいました(^^; 前の「少年マンガ王」といい、今回といい、実はテレビ東京内にうる星ファンがいるのでは?(^^;
    テレビ東京に一言。「世間の耳はごまかせても僕の耳はごまかせないぞ。ふっ!(笑)」
    以上「今でもうる星は健在だね」というお話でした。

  8. コウ (muku2@ka2.so-net.or.jp) : 1997年05月28日(水)
    タケシさんかなしいねー!めぞんのビデオおいてないんだ。おれんところ全部あるよ。
    おれもまだアニメの方全然見てないからかりてみなきゃ!!
    そんじゃ、これからもよろしく!!

  9. こたちゃん (kotatu@mb.infoweb.or.jp) : 1997年05月28日(水)
    #654 タケシさん。そうですか、古川登志夫さんのナレーションでしたか。勉強不足でした、すいません。

  10. ろっぢ (roddi@ja2.so-net.or.jp) : 1997年05月28日(水)
    まだ、うる星やつらをTV放映で見ていた頃の話しですが、当時、うる星を見てて思ったことは「よく校舎の壊れるアニメだな」ということでした(^^;  「あれ?先週も壊れてなかったっけ?」などとつまらないことを考えながら見てた記憶が・・・
    この感想を決定的なものにした話しが「ハチャメチャ!ランちゃんの巨大人形」(原作「反省座禅会」)です。この話しはうる星やつらのハチャメチャの典型的なパターンですよね。これはこれで面白いんだけど、僕としてはもう一捻り欲しかった作品です。

  11. 堀  潤 (RXA01327@niftyserve.or.jp) : 1997年05月29日(木)
     縮刷版の1,2巻が出た時に買ってよみ、縮刷版の揃うのを待ってはいられず、
    愛蔵版を一括注文してしまいました。今まで気付かずにいたのが、残念です。
     ところで、高橋留美子先生と野田秀樹(?)をテーマに、80年代を論じた
    本の名前を忘れてしまいました。
     どなたか、教えてください。
     もうひとつ、「一刻館の思い出」という本は、まだ絶版になっていないで
    しょうか?こちらも、ご存じの方、いらしたら教えてください。

  12. うつ (u-yan@ka2.so-net.or.jp) : 1997年05月29日(木)
    #650 令菜 さん、「めぞん」の原作コミックですが全体としての物語はTV版と同じです。ただ、TV版は6年続いた原作を2年で放送しているためかTV版では抜けている話やTV版のオリジナル、順序が入れ替えられた話があり、1話単位では違う印象を受けるかもしれません。
     あと八神さんですが、原作だと「弱虫」と響子さんに言い放って(元気づけ?)去ったきりで最終話まで登場しなかったと思います。TV版ではこの話の後も登場し、五代君がキャバレーで働いているのを知った時に、響子さんに「このままじゃ心配でほっとけないじゃない!」と一喝し、泣きながら去っていきます。ただ、原作、TV版ともに最終話で「まだ先生から卒業できない」と言っていますし、あきらめた訳ではないのかも知れませんね。(^^;
    個人的意見ですが、原作の八神さんは、散々引っ掻きまわしていきなりいなくなった印象が強く、正直嫌いでした。しかし、TV版では「弱虫」以降の言動に多少の成長(?)が感じられ、かなり印象が変りました。 八神さんの印象っていかがですか?

  13. にゃーご軍団 (?) : 1997年05月29日(木)
    #661 堀 潤さん初めまして。お探しの本の題名は、「野田秀樹と高橋留美子」という榎本正樹著、彩流社から発行されている本だと思いますが参考までに。「一刻館の想いで」は僕も手にしたのが数年前なのでもう絶版になってるのではないのでしょうか。古本屋でならたまに見ますけど。すんませんこんな情報しかわからなくて・・・。

  14. うつ (u-yan@ka2.so-net.or.jp) : 1997年05月29日(木)
    #661 堀 潤さん、「一刻館の想いで」ですが以前書店に問い合わせた際に「品切れ」「重版未定」と言われました。そんな訳で私も古本屋を中心に探しています。(求む情報)

  15. YASU (?) : 1997年05月29日(木)
    #655、ひろさん。おっしゃるとおり、アメリカでは職業として声優オンリーという方がいないんですよね。普通はドラマや舞台がメインという感じなのでしょう..。全体的なレベルは90年代に入ってからは驚くほど改善されました。我々の気になるVizのdubbedに関しては、流石にきちっとした仕上がりです、が、割とタイミングとか、気になる点もあります。シャンプーの声はそっくりです(笑)。ムースは格好良すぎるかも。うっちゃんに関しては、セリフが関西風でないのがつらいところですね(じゃあ、彼女の関西弁が正しいかという、つっこみはなさらないで(笑)。アメリカの作品でも例えばX−MenのRogueのように、南部訛りで話すということもあるのですが、イメージ的にぴったりする方言がなかったのでしょう..(ちなみにシャンプーの英語は、すごくブロークンです)。まあ、日本のファンとしてはぜひオリジナルの良さを分かって欲しいところなのですが、なかなか難しいこともあるみたいです。一方で文化的差異どうのこうのでなく、もう、ただ単に酷いものとかもありますけど、逆にオリジナルにないノリの良さというものも..。現実には、一人一人の役者さんの演技ということになると思います。ちなみにファンによる字幕(fansubbed)は最悪です。間違いが多すぎて笑う気にもなれないのが実状です。うる星のdubbedについては、私自身公平にコメント出来るほど冷静ではないのでここでは述べません(笑)。一も二もなく、やっぱり平野さんじゃなきゃ、とか口走ってしまいますから(^^;

  16. ひろ (?) : 1997年05月29日(木)
    #650 令菜さん、原作は読むべきです。現在では文庫本も出ていますし。#652 三浦健仁さん(=管理人さん^^;)、アニメは単なる原作の「短縮」ではないと思いますよ。アニメは原作の話の順序を入れ替えたりくっつけたり重要だと思われる部分をはしょったり変更したりで、ストーリー展開が原作に較べて劣ると私は思います。原作でも三人の関係は一進一退を繰り返しますが、アニメではそのリセットぶりが激しすぎます。そのあたりシリーズ構成の責任を感じます。特に、伊藤和典さん、あなた話変えすぎや^^; 前後編のオリジナルの話はそれ自体はいい話だと思いましたが、でも次の話が「温泉でのぞき」では…。
    響子さんの性格が原作にくらべて穏やかだという点もあります。そのための細部のセリフの変更やハショリがあります。また例のシーンのカットで彼女の重要なセリフが聞けずじまいでした。
    八神の消え方は原作でも似たようなものでしたが、アニメは五代の就職問題に対するフォローが手厚かったですね。劇場版の完結編は八神との関係の結着をつける話らしいです(私はまだ見ていない)。原作の八神はアニメにくらべて扱いが確かに粗末でしたね。
    アニメ化する以上、原作をただなぞるだけではあまり意味がないのは当然です。しかしストーリーに矛盾や無理がおこるような変更はやはり止めてほしいものです。音楽・声優のキャスティングは素晴しかったと思います。主に不満があるのはストーリー展開やタイムラインです。しかし、前にも書いたように、「終わり良ければすべてよし」の心境に現在はさせられていますが^^;

  17. ひろ (?) : 1997年05月29日(木)
    #638 時計坂2−6−5さん、キャラクターの誕生日の設定なんかあったんですか。寡聞にして知らないのですが。それで誕生日に関して思い出したことが。
    原作を一通り読み終わって思ったのは、誕生日にまつわるエピソードが皆無だということです。正確には「誕生日」という言葉は響子さんの父の誕生日(9月だったかな)という形で出てきます。が、響子さんの誕生日に何かプレゼントを送る、とういうような漫画ではありがちなエピソードが全くでてきません。それでいて年月は実際の時間とほぼシンクロしながら流れていき、その間に描かれる年中行事は、クリスマス・年始年末・バレンタインデー・彼岸・夏祭などがあります。私が思ったのは、もしかして高橋さんは誕生日に対してあまり思い入れがないのかもしれない、ということです。私自身、誕生日が夏休み期間中ということが原因なのか、あまり自分のはもちろん他人の誕生日にも頓着しない性格になってます。
    他の高橋作品では誕生日にまつわるエピソードは出てくるのでしょうか。単に、一回でもそんな話を描けば毎年やる必要がでてきて煩わしい、というのが理由かもしれないんですが^^;

  18. ラムラム (?) : 1997年05月29日(木)
    今日父の書斎で「火の鳥」を見つけて初めて読みましたが
    すごく良かったです。でも、「人魚の森」って絶対これをヒントに
    してますよね。アニメでの漁師Aのせりふ。
    「食えば年もとらないし死にもしない体になるそうだ」そのまんまでした(笑)
    でも、高橋留美子って昔の漫画にすごく影響されてますよね。絵もくっきりして
    今流行りの髪の毛サラサラの線の細い絵とはほど遠いし、とくにカラーの
    色の塗り方なんてぺたっとしてて昔の漫画と同じだし。私は好きだけど。

  19. 令菜 (?) : 1997年05月29日(木)
    みなさんめぞん情報ありがとうございましたっ!
    私は正直に言って、八神がでてるとTV見る気
    失せてました。(うっ、ファンの人ごめん)
    一途という印象は明日菜のほうが強かったです。
    押しの一手の八神より、ひかえめながらその執念は
    ストーカー並な明日菜はかなりいい根性してました(笑)
    そういえば今のアニメってときどきオリジナル入る程度で
    (ちなみに私は名探偵コナンが超大好きなんです〜)
    ほとんど原作に忠実ですよね?絵柄もほぼ同じで、
    ぜんぜん設定ちがうとかあんまりないみたい。
    昔は「えっなんかちがうじゃん?」と子供心に思うことが多かったんですけど。
    アニメだからかは知りませんが、話が進むにつれ三鷹も初期の印象と
    ぜんぜん変わってしまいました。結婚サギにはなってもマイホームパパに
    だけはなるまいと決めつけてたほど、女たらしな印象があったので。
    性格もはじめイヤミくんだったのに、後半すごい好青年で私のハートを
    がっちりつかんでしまいました。
    顔がこわいといえば、真魚の顔もはじめはキツくてこわすぎ〜。

  20. 都々目さとし (straydog@ebic.or.jp) : 1997年05月29日(木)
    始めまして。都々目(とどめ)さとしと申します。
    ふとした事で海外のらんまサイトに行ったら、猛烈に懐かしくなってらんまに回帰してしまいました(笑)。ホームページ(http://www.ebic.or.jp/~straydog/)ではらんまのデータベース作成なんて事まで始めてしまって…。私の場合何だからんまは次第に飽きてしまって、コミックも32巻で止まっていたのですが残りも一気に揃えました。ちゃんとしっかりリアルタイムで追随していれば苦労はしなかったのに(笑)。
    私、嘗て北海道からうる星の武道館10周年イヴェントに参加して、その事がKACの会報(当時のムーヴメント)に掲載された人間です。かなりインパクトのある文章なので、覚えている方もいらっしゃるかも知れませんが…。
    取り敢えず今回はこの辺で、これから色々書き込んで行きたいと思います。宜しくお願いします。

  21. よっちん (?) : 1997年05月29日(木)
    #620のYASUさん。ファミリー劇場ではありませんよ。めぞんをやっている
    ときのCMで、キッズ ステーションの通販の宣伝をしていますからキッズ
    ステーションのはずです(ちょっと自信がなくなってきた)。同じものを週2回、
    2話ずつ放送しています。放送日は、木曜の午後9時から10時までと、土曜の
    午後8時から9時までです。今は、五代君が骨折したところまで放送しています。
    ところで、裕作さん。#510(前の事ですいません)で86年8月14日に
    60分のスペシャルがあったということですが、どんな内容だったのですか?
    あと、それはビデオとかで見る事が出来るのでしょうか?教えてください。
    お願いします。話しはちょっと変わりますが、先日、いつもめぞんのビデオを
    借りているレンタルビデオ屋に行って新しいテープを借りたところ、いつもと料金
    が違うので、帰る途中にレシートを見たらビックリ。なんと1本90円だったので
    す。いつもは290円なのに・・・。今度も90円ならいいなと思う今日この頃
    です。

  22. よーすけ (tetsukan@da2.so-net.or.jp) : 1997年05月29日(木)
    久しぶりにここを覗いたんですが、すごい盛況ぶりですね。ひととおり読むだけでずいぶん大変でした。さて、そのおかげでずいぶん大昔の話になってしまいましたが、#339でお話したお好み焼き「右京」に先日行ってきました。私が注文したのは「右京焼きシーフードミックス」と「お好み焼きミックス」。自分で焼く方式ではなくて、お兄さんが目の前で焼いてくれます(カウンター席だったので、、)。友達とサワーを飲みながらひとしきり高橋アニメの話題で盛り上がった後、スペインGP当日ということもあり、F1の話題へと移っていったんですが「右京は今回もだめだな」という言葉が喉まで出かかったのをぐっと飲み込んだ私でした。余談ですが、片山右京氏の奥さんって留美子さんっていうんですね。

  23. やぶ (yabukun@msn.com) : 1997年05月29日(木)
    めぞんのゲームが届きました。
    わーい、わーい
    さあ、がんばるぞ!      ではでは・・・・・・

  24. コウ (muku2@ka2.so-net.or.jp) : 1997年05月29日(木)
    やぶさん!おれの家にもめぞんのゲーム届いたよ!!
    これからやるぞ!!!!
    でも3万もしたのに一気にやるのはもったいないな・・・
    じっくりやろう。

  25. よーすけ (tetsukan@da2.so-net.or.jp) : 1997年05月29日(木)
    ここって、平日の昼間につなぐとすんんんんごく遅くないですか?さっき昼間に(仕事しろよ・・・)メールアドレスを全角文字で送ってしまい、もう一度送ろうとしたんですが、ついにダメでした・・・(でも、店長さんになおしていただいたみたいで、どうもありがとうございます)。
    えー、せっかくきたんだからもう一言・・・、めぞんの再放送終わったんですね。全部見終わって感動している方、ぜひ原作を読んでみてください。もっと感動できるとおもいますよ。私は絶対的な原作崇拝者ではありませんが、最後のほうの「ヌレ場?」がなくなったことはしかたないとしても、そのことでその後のストーリーやセリフ回しがぼやけてしまっていることは、ちょっと残念です。響子さんの「私のことだけ考えて」というセリフはもっと深い意味があるのに。

  26. YASU (?) : 1997年05月29日(木)
    #671、よっちんさん!ああ!家の入ってるCATV、8時でキッズステーション終わっちゃうんですよ!何か囲碁のチャンネルと同居してるみたいで、8時からはそっちになってしまって..悲しすぎる(涙)。8時以降のキッズステーションって、私には謎の存在だったのです。ところで、今日うる星の設定資料集を1万円で見かけました。以前ここでどなたか話題になさってたと思いますが、この値段は果たして安いのでしょうか..??

  27. ろっぢ (roddi@ja2.so-net.or.jp) : 1997年05月29日(木)
    #667 ひろさん。誕生日にまつわるエピソードは、言われてみれば無いですね。原作うる星では一つもありませんでしたが、TV版ではかろうじて89話の「はっぴいバースデーマイダーリン」があります。あたるの誕生日に関する話しです。詳しくはLDを見ましょう(^^;
    本当、高橋さんは誕生日に対して無関心なのでしょうか? あたるの誕生日も、原作をよく読まないと分からないし、ラムの誕生日においてはちっとも触れられていません。
    うる星で誕生日が分かるのはあたると面堂くらいかな?
    たしかに、誕生日の話しを一回でもやると不都合が出てくるんでしょうね。何年たっても高校2年のあたるたちが、何度も何度も誕生日の話しをやったら変ですもんね(笑)

  28. ろっぢ (roddi@ja2.so-net.or.jp) : 1997年05月29日(木)
    う〜ん、日に日にここの伝言板の書き込みが激しくなってきますね。こりゃ明日にや#700突破かな?(^^;
    #673やぶさん、#674コウさん。いいですね。めぞんのゲーム買ったんですか。僕も買うか買わないか悩んだ末「家にPC-8801版があるからいいや」と振ってしまいました(^^;
    ファンとしてはあるまじき行為ですが、来るべきWindows版うる星に備えて今から軍資金をためておかないと・・・(気が早いって(^^;)
    おっと、話しがそれた。めぞんのゲームですが、想い出のフォトグラフは覚えてませんが、「さよなら・・・そして」の方は、早く終わらそうと思っても思うように終われませんので、安心してプレイできますよ(笑)

  29. かごめっち (?) : 1997年05月30日(金)
    めぞんって原作のほうが人気高いんですねー。私も、文庫ですがいま集めようか迷ってるところ
    です。ところで、最終巻で五代君と響子さんのえええええHシーンがあるって本当なん
    ですか?たしかにアニメでも思わせぶりなシーンはあったけど、もちアニメだから部屋の
    電気が消えるくらいで、鈍感な私はきづかず、なんでいきなり1年後に子供?とか
    おばかな疑問をもってました。あううう・・・はずかしー。
    でも五代君いつから「管理人さん」から「響子さん」に変わったの?

  30. ひろ (?) : 1997年05月30日(金)
    めぞんのゲームが届きはじめたようですね。三万は私には大金なのでパスしたんですが…。やっぱり、三万は高すぎると…と思う。
    『野田秀樹と高橋留美子』と『一刻館の想いで』は折をみて探しているのですが、いまだに入手できませんね。
    #679 かごめっちさん、めぞんは原作のストーリーがしっかりしてますから、海外のファンもアニメよりマンガのほうが好きという人が多いですね。Hシーンは2回(正確ではない?)ありますが、抑えた表現なので何のいやらしさもありません。アニメでは結ばれた時期が原作よりも半年ほどはやくなっています。「管理人さん」から「響子さん」に完全に変わったのは二人が結ばれてからですね。それ以前は、セリフでもモノローグでも「管理人さん」と「響子さん」が錯綜して使われている時期がありました。
    やはり実際に原作を読まれた方がいいですよ。あまり直接的なことを書くことはここでも控えたほうがいいでしょうから。
    すこし話は変わりますが、素朴な疑問があります。五代くんの初体験の相手はやはり玄人さんなんでしょうか。めぞんが現在の話というならそうだとほぼ確信できるのですが、連載当時の事情(なんの事情や^^;)いかんでは、「灰色」とも考えられるので。アニメしか知らないひとは原作を読んで考えて下さい^^;

  31. とも (?) : 1997年05月30日(金)
    なんだか久しぶりになってしまいました。 ここのところ近所をまわって探検してみました。やっぱり東京のようにはいかないけど、うる星やつらの完結編のCDを580円で発見したり、家から3分のゲ-ム屋に市内では入手不可能かと思われたVCDを発見。ちょっとホクホク。(LDでさえ、近所ではほとんどない) ずいぶん前にその店で、CDくらいの大きさのうる星の設定集みたいなものを見た記憶があるけど(安くなってて5000円もしなかったと思う)、あれはいったい何だったのでしょう。

  32. よっちん (?) : 1997年05月30日(金)
    #679のかごめっちさん。子供が生まれたのは1年後ではなく、2年後のはずですよ。
    アニメでは、五代君がプロポーズしてから結婚するまでに1年かかっていて(最終回の始めの
    方で「1年後」となっている。そして、季節は春)、さらに、最後の方で響子さんが春香
    ちゃんを抱いて出てくるシーンの前に五代君のナレーションで「また桜の季節がやってきた。
    」というようなことを言っています。この2つのことから、春香ちゃんが生まれたのは2人が
    初めて結ばれてから2年近くたっていることになります。つまり、春香ちゃんはあの夜にでき
    たのではないということです。ところで、いつから五代君が「響子さん」と呼ぶようになった
    のか?とありましたが、#680のひろさんの言う通りだとおもいます。しかし、ここで1つ
    疑問が浮かぶのです。「完結編」のことです。見た人は分かると思いますが、結婚式の2日前
    だというのに五代君は未だに「管理人さん」と響子さんのことを呼んでいます。さらに八神は
    一の瀬さんのことを「宴会のおばさん」、四谷さんのことを「ヘビおじさん」と呼んでいます
    。なぜ、こういう風になったのか分かる人がいたら教えてください。お願いします。

  33. こたちゃん (kotatu@mb.infoweb.or.jp) : 1997年05月31日(土)
    らんまについて。そういえばうちじゃ“らんま”と入れて変換すると、「らんま1/2」とか「乱馬」とか「林原めぐみ」とか「欄間」とかに変換されるんだよな。本題に戻します。アニメの原作の「抱きしめてTONIGHT(だったかな?)」に対応する話で、乱馬が自室で読んでるマンガはどう見ても「サ*ンアイズ」の3巻ですよね?ただそれだけです。では。
    そう言えば今日英語版のめぞんを手に入れた。しかし3,000円は痛かった。おかげで財布の中身は残り200円。危なく東京から帰ってこれなくなるとこだった。

  34. タケシ (delorean@ja2.so-net.or.jp) : 1997年05月31日(土)
    おひさしぶりです。ちょっと来ないと読むのがたいへん。
    皆さんもうめぞんのゲーム届いてるんですか?うらやましーぼくはまだとどかない。
    ぼくはMACなので、このめぞんのゲームをやるためにAptiva買います。40万円が〜

  35. こたちゃん (kotatu@mb.infoweb.or.jp) : 1997年05月31日(土)
    今日届いたKACのウィルの表紙がるーみっくキャラじゃなかった・・・。ショック・・。

  36. コウ (muku2@ka2.so-net.or.jp) : 1997年05月31日(土)
    めぞんのゲーム楽しい!!「想い出のフォトグラフ」のほうは、
    すぐ終わってしまったが(3時間ぐらいかな?)、
    完結編の方がおわらない!!
    セーブできるのがいちにちずつってのがきにくわない!!
    でももしろいから許す。
    でも・・・3万高かかったな・・・

  37. ろっぢ (roddi@ja2.so-net.or.jp) : 1997年05月31日(土)
    今日、秋葉原へ行き、うる星関係のものを購入してきました。少年サンデーグラフィック4冊、シャーペン/ボールペンセット、セル画、レコード、ビデオ、CDです。
    いや〜、まだまだ購入できるんですね。これもこたちゃんさんのおかげです。ありがと!(^^)
    アキバに意気込んで行ったもの、店の名前しかしらず途方に暮れてしまいました。が、そこは警察という文明の利器(違うって(^^;)を活用し、見事に見つけることが出来ました。  ありがとう、正義のおっちゃん!(C)テン (笑)
    そうそう、ビデオですが、実は購入を諦めかけていた「了子の9月のお茶会」なのです(^^) いや〜、ムチャクチャ嬉しかった! LDでは見かけるのに、ビデオ版はとんと見つからなくて困ってたんだよなぁ〜。
    セル画は「うる星やつら '87」の、ウサギ姿のあたると、「いつだって・マイ・ダーリン」のあたるです。女性キャラの書いてあるものはちと高かったので今回は見送りました。
    レコードは、ちっこいサイズのやつで「パジャマ・じゃまだ!」です。このレコードのジャケットの成清加奈子さんってカワイイですね(*^^*)
    店ではその他、響子さん、ラムのフィギュアや、らんまのタオルなんかもあり、中々良いです。非売品でしたが、店内ににはうる星、めぞんのポスターなんかもありました。く〜っ!!これはめちゃ^2 欲しかった!!
    帰り際によった中古CD屋さんでは「完結篇」のドラマ版CDを見つけたし。いや〜実に良かった。天気予報では今日は天気が崩れるとか言ってたのに、ず〜っと晴れてたし。
    今日は「ルンルンちゃ〜(C)ラム」って感じの一日でした(^^)

  38. ろっぢ (roddi@ja2.so-net.or.jp) : 1997年05月31日(土)
    今日購入した少年サンデーグラフィックを見て初めて知ったんだけど、平野文さんって笑っていいともにでたことがあるんですね。ぐわぁ〜、めちゃ見たい! オン・タイムで見れた人が羨ましいっっ!(T-T)
    悔しいので、今日の「平成教育委員会」を見て平野さんの声を聞いたろっぢでした(^^;

  39. こたちゃん (kotatu@mb.infoweb.or.jp) : 1997年05月31日(土)
    #687ろっぢさん。買ったものの内容から見て、「ホビージャパン」に行かれましたね?うる星の6,000円ののぼりを見ましたか?僕はあれがとてもほしいんですが、高くて・・・。あと店内に飾ってあるポスターですが、うる星のポスターにかいてある高橋先生のサインは自筆なんでしょうかね?そうだったらとっても欲しい!!

    そういえば、平成教育委員会の平野さんの声はいいですね。同じフジ系列だし、「〜っちゃ」って言ってくれないかな?

  40. ろっぢ (roddi@ja2.so-net.or.jp) : 1997年05月31日(土)
    今月号のWe'll、今日届きました。で、めちゃくちゃきになったのですが、今、東北ではうる星のTVが再放送されてるのでしょうか? う、羨ましい。
    まあ、VCDで買ってあるからいつでも見れるんだけど、TVで流れるのを見るのも、また味があるというかなんというか・・・  こっちでもまた再放送しないかなぁ〜。


    #685 こたちゃんさん。そうそう。大大ショック! 4月がめぞんで、5月がらんまだったから「今月はうる星だな(^^)」って楽しみにしてたのにぃ〜 KACのいぢわるぅ〜(T-T)
    カレンダーがめぞんだったのでまだ救いでしたが。これでカレンダーまで非るーみっくキャラだったら・・・ うわぁ〜!そんなこと考えたくも無いわい!


    P.S. 13ページの件ですが、価格が多少高くなってもいいから、なんか新しい行動を起こして欲しいですよね。<KAC  んなこと気にして、いまの状態がダラダラ続いたら、ファンは怒っちゃうぞ ぷんぷん!

  41. こたちゃん (kotatu@mb.infoweb.or.jp) : 1997年05月31日(土)
    そういえば今月号のウィル(KACの会報)に僕の投稿文が載ってます。みなさんの意見も聞かして下さい。内容は以下の通りです。

    とーとつですが、みなさん、「るーみっくベストセレクション」といった感じのCDを出してほしいと思いませんか?内容はというと、今までに出された高橋留美子先生原作のアニメ(うる星やつら、めぞん一刻、炎トリッパー、超女、らんま1/2、1ポンドの福音など)からその主題歌などをセレクトしたCDです。「ラムのベストセレクション」のように曲間にはいろんな声優さんによるコメントを入れれば、永久保存版間違い無しだと思うのですが・・。それに、らんまは知っているけど他の作品は知らないやといった人が他の作品を知る良いチャンスになると思います。どうでしょう?

  42. コウ (muku2@ka2.so-net.or.jp) : 1997年06月01日(日)
    めぞんのゲーム、クリアーしてしまった!!
    はやすぎる・・・でもおもしろかったからいいや。
    でもはやかったからみおとした箇所があるはず!!
    だれか、そういうことや裏技などおしえてほしいなあ・・・
    おしえてね!!

  43. ろっぢ (roddi@ja2.so-net.or.jp) : 1997年06月01日(日)
    #692 コウさん。裏技ですか・・・ 確か「さよなら・・・そして」では「ビール無間増殖」っていう裏技はあったな(^^; あと、「想い出のフォトグラフ」では隠れキャラの一ノ瀬のおっちゃんが出てきた筈ですね。そうそう「さよなら・・・そして」では、四谷さんからハシゴをもらって、屋根に登るということも出来ますよ。これも一応裏技かな?
    思い出せたのはこんなもんです。

  44. ろっぢ (roddi@ja2.so-net.or.jp) : 1997年06月01日(日)
    #689 こたちゃんさん。そうです。でも店の名前は正式には「ホビーSHOPキャラ」でした。正義のおっちゃん(^^;に調べてもらったとき、電話帳には「ホビーショップ」という店はありませんでした(^^;
    んなもんで、店の名前の雰囲気から判断したのですが・・・ ドンピシャでした(^^)


    そうそう、平成教育委員会で是非とも「〜っちゃ」を言って欲しいですね(^^;
    久々に生(?)の声を聞きたいもんだ(^^;

  45. 都々目さとし (straydog@ebic.or.jp) : 1997年06月01日(日)
    るーみっくのグッズでは、私は本屋に頼んで貰った小学館コミックフェア91Winterのらんまのタペストリーがあります(笑)。あと凄かったのは、古本屋で小説版うる星やつら1〜5セットを見つけたので買ったら、その中の1巻に高橋留美子女史のサインが入っていた事でした。本物だと思うのですが。北海道でサイン会やった事あるのですかね?
    ここってHTML使えるんですね。また宣伝になってしまいますが私のページも宜しくお願いします。

  46. 堀  潤 (RXA01327@niftyserve.or.jp) : 1997年06月01日(日)
     #663「にゃーご軍団」さん、#664「うつ」さん、#680「ひろ」さん、その他見落とした方(ごめんなさい)、早速のレスありがとうございます。うーんやはり絶版ですか。実は、当方では新宿紀伊国屋書店の誤認により、(当時では、といっても1週間前)入手可能ということでぬか喜びしていたのです。そっそれが、今日葉書が来て「あいにく、本書は入手不能ということが、判明しました。 あしからず...」しくしく...1996年の日本書籍総目録には、登録されているので、1995年頃までは出版されていたとおもわれるのですが。次なる手段として、住んでいる区の図書館で調べたのですが、その区すべての図書館はもちろん、都立図書館にすら所蔵されていないのです(つまり、日比谷図書館にすらない)!ヤケになって、国会図書館に照会するよう区の図書館に依頼しました。もし、国会図書館に所蔵されていなかったら...と思うと夜も眠れない(ちょっとおおげさ!?)。それにしても、図書館ってもんは役にもたたん本ばっか所蔵しやがって(ちょっと、ナーバス)。かくなるうえは、古本屋に探究依頼を出そうと思っている今日このごろです。めぞん関連書籍の充実した(アニメ関連書籍でもOKですが)古本屋って、あるんですかね?ご存じの方いらしたら教えてください。神田の古本屋街をよく徘徊するんですが、あの本の洪水の中から「一刻館の思い出」とか「野田秀樹と高橋留美子」にめぐりあうのはなかなかキツイものがあります。当方東京在住のため、東京もしくはその近辺にある古本屋さんを紹介していただけるとうれしいです。それ以外の地方の方でも、ご存じでしたら、教えてください(旅行の時、立ち寄れるかも)。
    「管理人さん」と「響子さん」が混同されているとありましたが、個人的には五代君の気持ちが(けっして響子さんではない)、高まった時に「響子さん」と呼んでいる気がします。

  47. リュウ (ni4gaki@osk2.threewebnet.or.jp) : 1997年06月01日(日)
    図書館で平井和正さんのエッセイ『「めぞん一刻」考』や
    榎本正樹さんの「野田秀樹と高橋留美子」を読むことができました。
    そこでもうすでに話題になったことかもしれませんが、めぞん連載当時の
    「週刊ビッグコミックスピリッツ」編集部の鈴木総一郎氏と惣一郎さんの関係を
    お知りの方はお教えください。惣一郎さんのモデルなんでしょうか?
    「キスより簡単」なんかでおなじみの石坂啓さんのエッセイにも「鈴木氏の名前が
    同じでびっくりした」というような記述があったのでなんだか気になっています。

  48. タケシ (delorean@ja2.so-net.or.jp) : 1997年06月01日(日)
    僕は横浜に住んでいますが横浜市立図書館のコンピューターで検索したところ「野田秀樹と高橋留美子」
    「一刻館の思いで」「語り尽くせ熱愛時代」「文のうる青春記」見つかりました。全部とり寄せを
    たのみました。

  49. タケシ (delorean@ja2.so-net.or.jp) : 1997年06月01日(日)
    スーパーファミコンのらんまの爆烈乱闘編を久しぶりにやったのですが八宝菜のだしかたを忘れてしまった。
    だれか教えてください。皆さんチャット使ってますか?いつごろいますか?ぼくいつも覗くんですけど
    いつも誰もいません。

  50. こたちゃん (kotatu@mb.infoweb.or.jp) : 1997年06月01日(日)
    うる星の了子とかランの陰険さっていいですよね。特に了子の陰険さというかあのスケールが大きいのか小さいのかわかんないいたずらがたまんないです。


    前のも見る
    次のも見る
    留美子ページへ